岡部進の「生活数学」情報通信



「講演会一覧」を見る  『岡部進の「生活数学」情報通信』TOPに戻る
108.(セッション初参加の感想から)こんなに参加者も一緒になって対話を楽しみながらやっているとは想像もしていませんでした。楽しかった。学生時代に、こんな風に数学を学んでいたらもっと興味を持ったと思う。(27.1.28.会社員Kさん)
107.(メールマガジン12月号を読んで)・・・今年も一年間、皆さんに夢を与え続ける、生活に密着した数学、視点を変えたモノの見方・気づきへの誘い、と推察しました。先生の真摯な姿勢、と、洋子さんの太陽のような輝きと・深い海へも光を届かせようとする執念・思い、がコラボレーションして、共鳴しあい、皆さんの心を打ったことでしょう。なんともいえないハーモニーが心地よい響きになって聞こえてきます。・・・(26.12.6.F氏)
106.(メールマガジン11月号を読んで感想文より)・・・日本の数学は、江戸時代から西洋数学に負けない高いレベルを保って、和算として今日まで日本人の心を高めてきたそうです。生活と数学、補助線の世界、見えない世界を覗き見る…幸せな世界を皆さんに見せてあげて下さい。(26.11.20.F氏)
105.(メールマガジン8月号を読んで感想文より抜粋)福島レポートは大作ですね。放射線量の規制値・・・復興・・・除染・・・(など)認識を新たにしました。(26.8.2.K氏 「26年6月生活数学課外授業・福島一泊バスツアー」参加者))
104.(セッション参加者より)実生活とは無縁の論理空間での思索で満足していましたが、岡部先生の「生活数学セッション」で実生活とは無縁ではないことを認識しました。今後は、岡部先生に数学上のいろいろな疑問について教えて頂こうと思っています。よろしくお願いいたします。(26.6.26.M氏)
103.(メールマガジン5月号を読んで感想文)今日のワンポイント、編集後記を読み、心に沁みる思いです。(26.5.3.T氏)
102.(メールマガジン4月号を読んで感想文より)・・・いつもありがとうございます。勉強をさせていただいています。量と程度と数値と図、が整理されます。明確にするとはっきりして気持ち良いモノと曖昧であることが嬉しいものと、人間は面白いものです。・・・(26.4.2.F氏)
101.(初参加者より)こんなに活発に議論し意見を出し合っているとは想像もしていませんでした。しかも和やかな雰囲気で、かたい難しい講演をイメージしていましたので、大変楽しかった。(26.2.25.M氏)
100.(講演先にて)(抜粋)・・・敢えて言えば、なかなかレアなセミナーを開催して頂きありがとうございます。受講者として大変楽しんで聞かせて頂きました。・・・おふたりによる生活数学セミナーのすごいところは、このテーマで、これだけ受講者を集めて来られているということだと感じました。・・・。・・・特殊なテーマについてマーケティングが成功した大変な達成です。・・・。(26.2.22.K氏)
99.(講演先にて)「数学」の話が、こんなにさまざまな話に広がるとは夢にも思いませんでした。大変面白かったし、楽しかった。(25.11.22.Y氏)
98.(講演先にて)子供を連れてきたら良かった。今度は是非。(25.11.13.Oさん)
97.(メールマガジン9月号を読んで感想文より)・・・先生の解説はいつも興味を持って読ませていただいています。混沌の世界が身近に感じられるように思います。生活の中に数学がある、がいつも感じられるようになりました。ありがとうございます。・・・(25.9.3.F氏)
96.(セッション初参加の方から)・・・皆さんの和気藹々とした雰囲気の中で、リラックスして楽しませていただきました。数学が楽しいと思えたのも、あの雰囲気があったからこそだと思っております。それから、参加者の皆さんと一緒に会を楽しまれている(主催の)Mさんのお姿も、勉強させていただきました。・・・(25.9.28.Eさん)
95.(メールマガジン7月号を読んで感想文より)・・・いつもご案内をありがとうございます。人材:人財(財産のように大切な人)、人材(材木のように価値がある人)、人在(いるだけの人)、人罪(いるだけで罪な人)、人其々ですが、これも会社の中での事です。やはり、人は、生きているだけで価値がありますネ。・・・(25.7.3.F氏)
94.・・・多くの社会人が岡部先生の活動に関心を持たれていることが前回の会(3周年記念イベント)でわかりました。さらに、この運動を続けられることは数学という学問の社会性に対してとても有効と思われます。・・・(25.5.15 S氏)
93.(メールマガジン購読者より)小生にとって広い見地で作成されているので大変参考になります。併せて論理的な見地で作成されており大変助かり、理解できます。今後共よろしくお願いします。(25.4.1.K氏)
92.(セッション参加者より)数学の世界は、見えなかったものが突然見えてくる面白さがあります。生データをどのように加工するかによって見えてくるものが変わり、特に図にすることによって視覚に訴えるものが出てきて理解が進む。実に楽しい学問ですね。それを生活数学が教えてくれているのですから、毎回伺わなければならないと思っているのですが、なかなか伺えないのが残念です。 今後ともよろしくお願いいたします。(25.3.30.交流会主宰M氏)
91.(大学生の就職支援活動をはじめて3年目というF氏のメールより抜粋)「対数がつなぐ絆に洋(日)の光」(25.2.13.会社社長)
90.(25.2月号メルマガを読んで)いつもありがとうございます。生活の中に数学がある。対数目盛で物事を捉えてみると、そこに新しい発見がある。と、時々感じながら生活をしています。事業をしていると、夢とビジョンについて若い人にお話をする機会が多いのですが、ビジョンは夢に数値を付けたモノ、夢とロマンを実現させるには、時間(スケジュール)と、到達・感性のイメージ(規模、大きさ・・・)、途中の数値、を付加することが大切、と言っています。そして、その完成までの道程は対数目盛なのです。不思議を感じています。会が益々発展するよう祈念しています。
「今日もまた、凍てつく畑(ハタ)に、かがみおり」(25.2.4.会社社長)
89.標準偏差の話を聞いて、高校で標準偏差あたりから落ちこぼれた事を思い出した。著書を読んで勉強しなおしてみたいと思った。(24.2.21・会社員営業)
88.明日からの営業にすぐ役に立つ話だった。大変勉強になった。(24.2.21・会社員営業)
87.(24.1月号メルマガを読んで)すばらしい、楽しい内容の年賀ありがたく拝見。自分の誕生日が何曜日か、などこの際勉強するのも一興ですね。その他情報が豊富で、さすが岡部さんの勤勉の跡が伺えます。(共同研究仲間I氏 大学名誉教授)
86.セッションは、非常に楽しく整数論の意味を少し感じることができました。また、他の参加者とも仲良くなれました。先生の元気な姿を見て、私もがんばろうと思い、大変勇気付けられました。今年も、明日、(先生にとっては教え子になる)仲間と飲み会をします。先生の話題で盛り上がると思います。(23.12.13セッション参加 教え子S氏 投資会社社長)
85.初参加で緊張しましたが、先生が他の参加者の方とも対話できるよう話しかけていただいて、楽しく充実した時間を過ごせました。(23.11.22・I学生)
84.小学生の子ども達や、先生方にも聞かせたいと思いました。(23.10.25・Kさん)
83.『「洋算」摂取の時代を見つめる』を読んだ。本には意義ある本と、意義のない本とある。この本は意義ある本のひとつだ。人に薦めたいと思う。(23.9.27・Sさん)
82.久々に脳活性化の感。1600年代の古人に改めて敬意を表し、日本人の優れた才能(発想法)に誇りを感じた。(23.9.27・Hさん)
81.久しぶりに分数や標準偏差の話を聞き、おもしろかったです。(23.8.23・Mさん)
80.「標準偏差」という言葉は知っていたが、実際に計算したのは始めてだったので、勉強になりました。(23.7.26・Nさん)
79.【23.7.2】(この日のテーマは「正規雇用者と非正規雇用者の実情を知る」)正社員が少数派なのに、賃金面で違う。働いている一人として、身近なそういう現実面をあらためて感じました。(Sさん)
59〜78.【23年1〜5月】掲載させていただいておりました感想文は、画面の都合で別途保存扱いとさせて頂きました。(23.8.8・前田)
1〜58.【21年〜22年】掲載させていただいておりました感想文は、画面の都合で別途保存扱いとさせて頂きました。(23.5.26・前田)

生活数学シリーズは右記にても案内しておりますhttp://okabesusum.exblog.jp/
生活数学ネットワーク  〒151--0061 東京都渋谷区初台1−50−4〜211 有限会社ヨーコ・インターナショナル
電話03-3299-7246 FAX03-3299-7246 
HOME
!岡部進の「生活数学」を街いっぱいに!
!アートの輪・人の輪をライフワークに!
Copyright (C)2006 yo-club.com All Rights Reserved